読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺・大阪障害年金blog

障害年金について大阪・堺障害年金相談室が書いていきます。

障害年金における診断書の重要性

障害年金における、最も重要な部分が診断書の作成です。

ある意味障害年金の審査は、診断書でほぼ判断されてしまうのです。

診断書の出来次第で結果に大きな違いが起きてしまうのですが、

診断書の認識に医師と審査官の間で大きな差があるのが、現実です。まず診断書には病状、治療経過はもちろんですが、生活状況、労働能力、普段の生活における障害の影響など、医師の目に届かない箇所の説明も必要です。ですので医師には細かいことをしっかりと伝えておく必要があります。特に社労士がいれば、どういった部分が制度上の重視されるポイントかなどを医師にも患者側にも伝えることができ、診断書の内容が大幅に良くなります。

障害年金の制度と医療に対しての知識の両方がなければ、障害年金の申請は難しくなってしまいます。

障害年金について詳しく知りたい方は

大阪・堺障害年金相談室までお気軽にどうぞ